日本文学 19年


Back Next 
 この書棚のキーワード

日本文学 夏目漱石 芥川龍之介 宮沢賢治 作家 三島由紀夫 寺山修司 小説 松本清張 
城山三郎 森鴎外 川端康成 村上春樹 太宰治 文学 漱石

 検索解説  現在、連動検索はできません。

  amazon 紀伊國屋 楽天 7net honto HonyaC  e-hon    BServ  古本市場  NETOFF
別画面 共通ドラッグ検索 表紙&レビュー Google Yahoo web 公共図書館 大学図書館 NACSIS 国会図書館


左端のラジオボタン「ラ」を選ぶと上記サイトで自動検索!  2019/12/06
売順書名著者出版社発行定価
このこのライトノベルがすごい! 2020『このライトノベルがすごい!』編集部宝島社19/12\759
かわ川上未映子 −ことばのたましいを追い求めて河出書房新社河出書房新社19/11\1430
ぶん文豪どうかしてる逸話集進士素丸KADOKAWA19/10\1430
ぶん文豪たちの悪口本彩図社文芸部彩図社19/06\1296
エトエトランジェの宝石箱 −宝石商リチャード氏の謎鑑定公式ファンブック辻村七子集英社19/11\2200
りゅ龍彦親王航海記 −澁澤龍彦伝礒崎純一白水社19/11\4400
まい「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が山下泰平柏書房19/05\1944
むら村上春樹の短編を英語で読む1979〜2011 上 −ButWriting加藤典洋筑摩書房19/10\1430
にほ日本近代文学入門 −12人の文豪と名作の真実堀啓子中央公論新社19/08\990
むら村上春樹の短編を英語で読む1979〜2011 下 −ButWriting加藤典洋筑摩書房19/10\1320
みや宮沢賢治デクノボーの叡知 今福龍太新潮社19/09\1760
よし吉本隆明 −思想家にとって戦争とは何かシリーズ・戦後思想のエッセンス安藤礼二NHK出版19/11\1100
じき直筆の漱石 −発掘された文豪のお宝川島幸希新潮社19/11\1430
まつ「松本清張」で読む昭和史 NHK出版新書原武史NHK出版19/10\880
むこ向田邦子の本棚向田邦子河出書房新社19/11\1980
みうみうらじゅんの松本清張ファンブック 清張地獄八景−松本清張生誕110年記文藝春秋文藝春秋19/07\1100
むら村上春樹にならう「おいしい文章」のための47のルール ナカムラクニオ筑摩書房19/11\792
つい追悼総特集 橋本治−橋本治とはなんだったのか?河出書房新社河出書房新社19/05\1430
いし石原慎太郎 −作家はなぜ政治家になったかシリーズ・戦後思想のエッセンス中島岳志NHK出版19/11\1100
さい最後の一文半沢幹一笠間書院19/09\1540
へい平安ガールフレンズ酒井順子KADOKAWA19/05\1650
こて古典つまみ読み古文の中の自由人たち 武田博幸平凡社19/08\968
トラトラベル・ミステリー聖地巡礼 佳多山大地双葉社19/09\682
ケアケアを描く −育児と介護の現代小説佐々木亜紀子七月社19/03\2200
あく芥川龍之介家族のことば木口直子春陽堂書店19/10\1980
こて古典文学の常識を疑う 2 縦・横・斜めから書きかえる文学史松田浩勉誠出版19/09\3080
こて古典の裏 −「知ってるつもり」の有名古典「みんな知らない」ウラ松村瞳笠間書院19/10\1430
ぶん文豪が泊まった温泉宿50 −“裸”になって本音を見せた週刊朝日編集部朝日新聞出版19/11\1650
にほ日本SF誕生 −空想と科学の作家たち豊田有恒勉誠出版19/08\1980
もり森瑶子の帽子島ア今日子幻冬舎19/02\1836
おお大江健三郎とその時代 −「戦後」に選ばれた小説家山本昭宏人文書院19/09\3850
きと〈奇〉と〈妙〉の江戸文学事典長島弘明文学通信19/05\3520
にお匂いと香りの文学誌 真銅正宏春陽堂書店19/10\2640
しば司馬遼太郎と明治 −「坂の上の雲」の時代朝日新聞出版朝日新聞出版19/07\1012
レジレジェンド文豪のありえない話 ダイアプレスダイアプレス19/11\980
たみ民ヲ親ニス 第6号 −「夢野久作と杉山3代研究会」会報第6回研究大会の記「夢野久作と杉山3代研究会」事務局「夢野久作と杉山3代研究会」事務局19/04\2160
おき沖縄記憶と告発の文学 −目取真俊の描く支配と暴力尾西康充大月書店19/11\2860
なか中島敦の朝鮮と南洋 −二つの植民地体験シリーズ日本の中の世界史小谷汪之岩波書店19/01\2640
まし魔性の女挿絵集 −大正〜昭和初期の文学に登場した妖艶な悪女たち中村圭子河出書房新社19/09\1870
やく役に立つ古典 NHK出版学びのきほん教養・文化シリーズ安田登NHK出版19/06\737
みず水上勉の時代大木志門田畑書店19/06\3520
ひむ氷室冴子とその時代嵯峨景子小鳥遊書房19/10\2475
しょ小説三島由紀夫幻冬舎メディアコンサルティング幻冬舎メディアコンサルティング19/11\880
ユリユリイカ臨時増刊号 5 2019(第51巻第7号) −詩と批評総特集:橋青土社青土社19/04\1760
へい平成の文学とはなんだったのか −激流と無情を越えて重里徹也はるかぜ書房19/09\1760
くろ黒岩涙香 −断じて利の為には非ざるなり奥武則ミネルヴァ書房19/11\4180
ユーユーモアの極意 −文豪たちの人生点描中村明岩波書店19/02\2640
ほん本人に訊く 壱 よろしく懐旧篇椎名誠集英社19/08\770
げん現代文学は「震災の傷」を癒やせるか −3・11の衝撃とメランコリー千葉一幹ミネルヴァ書房19/03\3300
すごすごい言い訳! −二股疑惑をかけられた龍之介、税を誤魔化そうとした漱中川越新潮社19/03\1728
このこの百年の小説 −人生と文学と中村真一郎講談社19/01\2090
きん近世文学史研究 第3巻 十九世紀の文学キャンベル,ロバートぺりかん社19/11\2420
かい快絶壮遊〔天狗倶楽部〕 −明治バンカラ交遊録横田順弥早川書房19/02\880
よし吉田健一ふたたび川本直冨山房インターナショナル19/02\2750
から柄谷行人と韓国文学ジョ・ヨンイルインスクリプト19/11\1430
モダモダニズム・ミステリの時代 −探偵小説が新感覚だった頃長山靖生河出書房新社19/08\3520
そう総特集森見登美彦 −作家は机上で冒険する!河出書房新社河出書房新社19/01\1650
デルデルフィニア戦記公式ガイドブック 3C★NOVELS編集部中央公論新社19/06\1980
アナアナホリッシュ國文學 第8号(秋) −季刊特集:太平記牧野十寸穂響文社19/11\3320
おお大岡昇平の時代湯川豊河出書房新社19/09\2530
なぜなぜオフィスでラブなのか 西口想堀之内出版19/02\1980
えと江藤淳は甦える平山周吉新潮社19/04\3996
みや宮沢賢治はなぜ教科書に掲載され続けるのか構大樹大修館書店19/09\2420
あまあまんきみこハンドブックあまんきみこ研究会三省堂19/09\2420
うつ美しい日本語荷風 1 季節をいとおしむ言葉永井荷風慶応義塾大学出版会19/08\2970
きん禁じられた郷愁 −小林勝の戦後文学と朝鮮原佑介新幹社19/03\2750
みし三島由紀夫が復活する (新書版)小室直樹毎日ワンズ19/04\1210
こば小林秀雄最後の音楽会杉本圭司新潮社19/09\2420
つじ辻邦生 永遠のアルカディアへ学習院大学史料館中央公論新社19/06\1980
じょ上京する文學 −春樹から漱石まで岡崎武志筑摩書房19/09\924
こど胡堂と啄木郷原宏双葉社19/11\3300
えと江藤淳 −終わる平成から昭和の保守を問う中島岳志河出書房新社19/05\2200
ごう合理的なものの詩学 −近現代日本文学と理論物理学の邂逅ひつじ研究叢書(文加藤夢三ひつじ書房19/11\6160
にょ女房文学史論 −王朝から中世へ田渕句美子岩波書店19/08\14300
こだ古代心性表現の研究森正人岩波書店19/08\13200
メロメロスの群れ −評伝吉野せい小沢美智恵シングルカット19/07\1760
さい最後の弟子が語る折口信夫岡野弘彦平凡社19/07\2860
じょ上代文藝に於ける散文性の研究中西進東京書籍19/10\3630
あお青森の文学世界 −<北の文脈>を読み直す郡千寿子弘前大学出版会19/09\3300
れんれんぎょうの花 −新井満評伝金本房夫星の環会19/11\1650
ぶん文士と税金須田勝大蔵財務協会19/04\1222
なが長崎文学散歩 −作家たちに愛された長崎を歩く長崎游学シリーズ中島恵美子長崎文献社19/06\1100
ふたふたりの村上 −村上春樹・村上龍論集成吉本隆明論創社19/07\2860
よし吉本隆明からはじまる瀬尾育生思潮社19/07\3960
おも思い出の作家たち −谷崎・川端・三島・安部・司馬ドナルド・キーン新潮社19/05\473
とう東京は遠かった −改めて読む松本清張川本三郎毎日新聞出版19/03\1980
して詩的水平線 −萩原朔太郎から小林秀雄と西脇順三郎岡本勝人響文社19/09\2420
もり森鴎外と村山槐多の〈もや〉佐々木央神奈川新聞社19/01\1430
うし失われた近代を求めて 上橋本治朝日新聞出版19/06\1870
だい大洪水の後で −現代文学三十年井口時男深夜叢書社19/08\4300
から柄谷行人 世界同時革命 のエチカ宗近真一郎論創社19/09\2420
あく芥川賞ぜんぶ読む −84年間180作品菊池良宝島社19/06\1650
うし失われた近代を求めて 下橋本治朝日新聞出版19/06\1870
このこの作家この10冊 2本の雑誌編集部本の雑誌社19/10\2640
さっ作家のおしごと五木寛之東京堂出版19/02\1760
へい平成椿説文学論富岡幸一郎論創社19/10\1980
ぜん全国作家記念館ガイド作家記念館研究会山川出版社19/03\1980
くり栗本薫と中島梓 −世界最長の物語を書いた人里中高志早川書房19/05\2090
ぶん文豪お墓まいり記山崎ナオコーラ文藝春秋19/02\1705
なん男色の景色 丹尾安典KADOKAWA19/03\1056
うき浮きよばなれ −島国の彼岸へと漕ぎ出す日本文学芸術論栗原明志作品社19/09\2640
バイバイリンガル・エキサイトメントリービ英雄岩波書店19/03\2200
だざ太宰治創作の舞台裏日本近代文学館春陽堂書店19/04\1980
はじはじまりの漱石 −『文学論』と初期創作の生成服部徹也新曜社19/09\5060
わたわたしと世界を象ることば −昭和10年代の石川淳作品とその周辺若松伸哉翰林書房19/10\1430
かん完本太宰と井伏 −ふたつの戦後加藤典洋講談社19/05\1870
そう漱石と熊楠 −同時代を生きた二人の巨人三田村信行鳥影社19/04\1980
きょ教師の悩みは、すべて小説に書いてある −『坊っちゃん』から『告白』までの波戸岡景太小鳥遊書房19/06\2090
はさ挾み撃ち デラックス解説版後藤明生トランスビュー19/07\2376
わたわたしの宮沢賢治 法律家から見た賢治作花知志ソレイユ出版19/07\1540
しら白洲正子と歩く琵琶湖 −江北編−山、命生む母性への祈り大沼芳幸海青社19/04\1870
えん遠藤周作と探偵小説 −痕跡と追跡の文学 南山大学学術叢書金承哲教文館19/03\3520
そう総特集寺山修司 −いまこそ、新たな読者のために KAWADEムック文藝別河出書房新社河出書房新社19/06\1430
にほ日本文学の大地 中沢新一KADOKAWA19/02\1056
えん遠藤周作と井上洋治 −日本に根づくキリスト教を求めた同志山根道公日本基督教団出版局19/07\2200
らし「羅生門」の世界と芥川文学 阪大リーブル66清水康次大阪大学出版会19/01\2200
まぼ幻の探偵作家を求めて完全版 上鮎川哲也論創社19/06\4180
おり折口信夫 −神性を拡張する復活の喜び斎藤英喜ミネルヴァ書房19/01\3850
はす蓮田善明戦争と文学井口時男論創社19/01\3080
せか世界でいちばん不幸で、いちばん幸福な少女今岡清早川書房19/04\1650
たに谷崎潤一郎文学の着物を見る 大野らふ河出書房新社19/02\2090
はじはじめての古筆切日比野浩信和泉書院19/04\1980
はや林芙美子が見た大東亜戦争 −『放浪記』の作家は、なぜ「南京大虐殺」を書か宮田俊行ハート出版19/01\1760
おわ終わりなき漱石神山睦美幻戯書房19/11\11000
みや〈宮澤賢治〉という現象 −戦時へ向かう一九三〇年代の文学運動村山龍花鳥社19/05\6380
えど江戸川乱歩新世紀 −越境する探偵小説石川巧ひつじ書房19/02\3300
ミスミステリーで読む戦後史 古橋信孝平凡社19/01\1034
しょ昭和の作家澁川驍年譜・著作目録山崎柄根研成社19/08\2200
わたわたしの宮沢賢治 賢治ことばの源泉王敏ソレイユ出版19/07\1540
とお遠い昨日、近い昔 森村誠一KADOKAWA19/02\748
ぼくぼくはヒドリと書いた。宮沢賢治山折哲雄海風社19/09\1980
たつ辰野隆日仏の円形広場 出口裕弘中央公論新社19/03\990
ふく福永武彦の詩学 山田兼士水声社19/10\2750
みし三島由紀夫 −<少年>述志、感傷主義の仮構と死秋元潔七月堂19/10\4720
しら不知火のほとりで −石牟礼道子終焉記米本浩二毎日新聞出版19/05\1980
くろ黒古一夫近現代作家論集 第2巻 大江健三郎論林京子論黒古一夫アーツ・アンド・クラフツ19/06\4180
くろ黒古一夫近現代作家論集 第4巻 村上龍論・立松和平論黒古一夫アーツ・アンド・クラフツ19/09\5280
くろ黒古一夫近現代作家論集 第1巻 北村透谷論・小熊秀雄論黒古一夫アーツ・アンド・クラフツ19/10\5280
ぶん文藝年鑑 2019日本文藝家協会新潮社19/06\4840
にほ日本文学の〈戦後〉と変奏される〈アメリカ〉 −占領から文化冷戦の時代へ金志映ミネルヴァ書房19/02\9350
イーイーハトーヴの森で考える −歴史家から見た宮沢賢治色川大吉河出書房19/06\1320
くろ黒古一夫近現代作家論集 第3巻 村上春樹論黒古一夫アーツ・アンド・クラフツ19/07\4180
かふ荷風と玉の井「ぬけれられます」の修辞学嶋田直哉論創社19/05\2420
ものものがたりたちの京都 京都文学入門京都と文学研究会武蔵野書院19/10\1650
けん賢治学 第6輯 特集:宮沢賢治得業論文100年岩手大学人文社会科学部宮沢賢治いわて学セ杜陵高速印刷19/07\1760
おう桜桃とキリスト 下 −もう一つの太宰治伝長部日出雄小学館19/06\660
なか中村光夫とフロベール −ロマン主義のあとさき浜田泉成文堂19/07\7480
にほ日本「文」学史 第3冊 「文」から「文学」へー東アジアの文学を見直す河野貴美子勉誠出版19/05\4180
つかつかこうへいの世界 −消された<知>日本近代演劇史研究会社会評論社19/02\3300
そう漱石がいた熊本村田由美風間書房19/05\2530
じん人生の童話 −心に刻む10のものがたり上田信道春陽堂書店19/07\1980
てい貞恵抄 おたんちん−評伝・原民喜2小野恵美子土曜美術社出版販売19/08\1980
ほっ堀田善衛の文学世界笠森勇桂書房19/09\3872
むら村上春樹精神の病と癒し南富鎭春風社19/06\2970
おが小川未明に親しむ −イミタチオ叢書小埜裕二蒼丘書林19/03\5939
ざっ雑誌渉猟日録関西ふるほん探検高橋輝次皓星社19/04\2200
かじ梶井基次郎檸檬のルー モノクロ影印普及版 武蔵野書院創業百周年記念出版河野龍也武蔵野書院19/11\1980
みず水島あやめの生涯 −日本初の女流脚本家・少女小説作家因幡純雄銀の鈴社19/10\3080
はや林芙美子全文業録 −未完の放浪廣畑研二論創社19/06\7480
へい平安文学の謎解き −物語・日記・和歌後藤祥子風間書房19/10\3850
たい大衆小説の世界と反世界 池田浩士コレクション池田浩士インパクト出版会19/08\6380
だざ太宰治と戦争 ひつじ研究叢書(文学編)内海紀子ひつじ書房19/05\6380
ぶん〈文学史〉の哲学 −日本浪曼派の思想と方法坂元昌樹翰林書房19/03\3960
あら抗いと創造 −沖縄文学の内部風景大城貞俊コールサック社19/05\1980
しゃ洒落に魅かれて福島剛幻冬舎メディアコンサルティング19/04\1320
えん演じられる性差 −日本近代文学再読関礼子翰林書房19/05\4180
はな花巻悲劇「父親に去勢された宮沢賢治」三上命満天地19/06\1980
いし石牟礼道子と芸能藤原書店編集部藤原書店19/05\2860
あら抗う −時代小説と今ここにある「戦争」高橋敏夫駒草出版19/03\1760
よげ予言文学の語る中世 −聖徳太子未来記と野馬台詩小峯和明吉川弘文館19/06\5280
ユーユーモア文学と日本映画 −近代の愉快と諷刺岩本憲児森話社19/06\3080
おう桜桃とキリスト 上 −もう一つの太宰治伝長部日出雄小学館19/06\660
せん戦争と文学 −韓国から考える金正勲かんよう出版19/01\2640
こく国文学概論濱田啓介京都大学学術出版会19/06\19800
うじ宇治の文学碑を歩く小西亘澪標19/02\1980
しん神話文学の展開 −貴船神話研究序説三浦俊介思文閣出版19/06\13200
ばん挽歌と反語 −宮沢賢治の詩と宗教富山英俊せりか書房19/03\3850
にほ日本浪曼派とアジア −保田與重郎を中心に呉京煥晃洋書房19/02\4950
ぼほ慕倣 −みっしりずしり:長塚節と藤沢周平山形洋一未知谷19/07\3080
ぶん文学に見る戦争と平和伊豆利彦本の泉社19/02\1980
ほり堀辰雄がつなぐ文学の東西 −不条理と反語的精神を追求する知性大石紗都子晃洋書房19/03\6820
たき多喜二・百合子・プロレタリア文学多喜二・百合子研究会竜書房19/02\1620
ちい小さな旅『鬼平犯科帳』ゆかりの地を訪ねて 第5部松本英亜小学館スクウェア19/01\1980
みう三浦綾子小論 −『氷点』『道ありき』、短歌のことなど片山礼子蒼丘書林19/03\1080
つじ辻音楽師の唄 −もう一つの太宰治伝長部日出雄小学館19/01\715
よこ横光利一と大津河瀬文太郎サンライズ出版19/02\1980
こく國語國文 88−7臨川書店臨川書店19/07\990
いし石川達三の文学 −戦前から戦後へ、「社会派作家」の軌跡呉恵升アーツ・アンド・クラフツ19/03\3080
たに谷崎潤一郎論 近代小説の条件中村ともえ青簡舎19/05\14672
じょ上代日本文學と中國文學 (補篇)小島憲之塙書房19/09\29700
はく白話小説の時代 −日本近世中期文学の研究丸井貴史汲古書院19/02\9900
きん近代文学の中の写真を巡る物語 −電子書籍の活用是松忍講談社エディトリアル19/03\1100
いき生きてゆくドン・キホーテ −日米現代小説における非ロマン主義的受容日本女田中有美晃洋書房19/02\3520
なが永井荷風に学ぶ諦めの哲学 −諦めの哲学(抄)および関連論考鈴木文孝以文社19/08\2640
あに亜人間を生きる −白井愛たたかいの軌跡彦坂諦「戦争と性」編集室19/03\3240
てら寺山修司研究 第11号国際寺山修司学会文化書房博文社19/03\2750
じょ上代学論叢 研究叢書毛利正守和泉書院19/05\26520
かど渦動と空明 −日本近代文学管見奥山文幸蒼丘書林19/09\3300
やな柳井滋の源氏学 平安文学の思想−武蔵野書院創業百周年記念出版柳井滋武蔵野書院19/04\30280
こと言葉を旅せよ、日本の人よ。 −明治・大正を生きた文人・大町桂月今こそ声に本澤康之ぶんしん出版19/02\1980
くに国木田独歩と周辺中島礼子おうふう19/07\0
じゅ述志と叛意 −日本近代文学から見る現代社会綾目広治御茶の水書房19/09\3520
さぬ讃岐の文学案内落合貞夫文芸社19/08\1650
ろん論集上代文学 第39冊万葉七曜会笠間書院19/04\16280
いま今井源衛著作集 第13巻 依田学海とその周辺今井源衛笠間書院19/08\16500
いま今井源衛著作集 第14巻 平安朝文学文献考工藤重矩笠間書院19/05\17380
えい永遠の太宰治 −生誕110年記念総特集河出書房新社河出書房新社19/05\1430
いし石川啄木と明治の日本 OD版近藤典彦吉川弘文館19/09\9900
ちゅ中世日本文学の探求日下力汲古書院19/10\10450
こだ古代中世文学論考 38古代中世文学論考刊行新典社19/05\8360
ぞく続・王朝文学論 解釈的発見の手法と論理圷美奈子新典社19/05\22550
さい最新文学賞事典 2014−2018日外アソシエーツ日外アソシエーツ19/04\15180
さっ作家名から引ける日本文学全集案内 第3期日外アソシエーツ日外アソシエーツ19/08\14850
にほ日本古典文学全集・内容綜覧第2期 −付・作家名索引日外アソシエーツ日外アソシエーツ19/11\29700
にほ日本古典文学全集・作品名綜覧第2期日外アソシエーツ日外アソシエーツ19/11\28600
ぞく続・文豪の謎を歩く −詩、短歌、俳句に即して牛島富美二竹林館19/09\1540
テーテーマ・ジャンルからさがすライトノベル・ライト文芸 1(2017.1−2DBジャパンDBジャパン19/07\16500
テーテーマ・ジャンルからさがすライトノベル・ライト文芸 2(2017.1−2DBジャパンDBジャパン19/07\16500
テーテーマ・ジャンルからさがすライトノベル・ライト文芸 (2017.7−20DBジャパンDBジャパン19/08\16500
テーテーマ・ジャンルからさがすライトノベル・ライト文芸 (2017.7−20DBジャパンDBジャパン19/08\16500
しゅ修羅と豊饒 −沖縄文学の深層を照らす平敷武蕉コールサック社19/11\2200
へい平安朝文学論 −表象と強度葛綿正一翰林書房19/01\16500
わた私の太宰治論浅田高明文理閣19/01\3850
にょ女人裸像 中野重治論の試み金山嘉城編集工房ノア19/07\2160
ろく六道往還記・天神への道 菅原道真 松本徹著作集松本徹鼎書房19/08\4180
くろ黒古一夫近現代作家論集 第5巻 小田実論・野間宏論・辻井喬論黒古一夫アーツ・アンド・クラフツ19/11\2420
にっ日中文人の明治期交遊録 新・日中文化交流史叢書張偉雄大樟樹出版社19/06\0
あら新たなる平安文学研究藤原克己青簡舎19/10\3080
まさ正宗白鳥考佐々木雅發明誠書林19/09\5720

Top > 文学目次 > 日本文学 19年 Back Next 

書棚ドットコムは6年分割(このページは本館): 本館(19-14年) A館(13-08年) B館(07-02年) C館(01-96年) D館(95-90年) E館(89年以前)

 
Google
 
Web 書棚ドットコム

このページのどこでもダブルクリックすれば、なにかと便利な「どこでもマド」が表示されます。このページの使用法は→検索解説

メモ(マウスでドラッグした部分が自動的にメモされます。ドラッグごとに連続追加。)