日本文学 18年


Back Next 
 この書棚のキーワード

日本文学 夏目漱石 芥川龍之介 宮沢賢治 作家 三島由紀夫 寺山修司 小説 松本清張 
城山三郎 森鴎外 川端康成 村上春樹 太宰治 文学 漱石

 検索解説  現在、連動検索はできません。

  amazon 紀伊國屋 楽天 7net honto HonyaC  e-hon    BServ  古本市場  NETOFF
別画面 共通ドラッグ検索 表紙&レビュー Google Yahoo web 公共図書館 大学図書館 NACSIS 国会図書館


左端のラジオボタン「ラ」を選ぶと上記サイトで自動検索!  2018/11/17
売順書名著者出版社発行定価
ほっ堀田善衞を読む −世界を知り抜くための羅針盤池澤夏樹集英社18/10\886
いじ胃弱・癇癪・夏目漱石 −持病で読み解く文士の生涯山崎光夫講談社18/10\2052
こば小林秀雄の警告 −近代はなぜ暴走したのか?適菜収講談社18/10\907
はら原民喜 死と愛と孤独の肖像梯久美子岩波書店18/07\929
ひむ氷室冴子 −没後10年記念特集私たちが愛した永遠の青春小説作河出書房新社編集部河出書房新社18/08\1404
HaHaruki Murakamiを読んでいるときに我々が読んでいる者たち辛島デイヴィッドみすず書房18/09\3456
ほん本当はエロかった昔の日本 大塚ひかり新潮社18/05\594
つつ筒井康隆 −日本文学の大スタア河出書房新社河出書房新社18/10\1404
つつ筒井康隆、自作を語る筒井康隆早川書房18/09\1404
ただただの文士 −父、堀田善衞のこと堀田百合子岩波書店18/10\2052
しば司馬遼太郎と明治 −西郷、大久保の時代朝日新聞出版朝日新聞出版18/10\994
つい追悼 石牟礼道子−さよなら不知火海の言魂河出書房新社河出書房新社18/05\1404
ちち父より娘へ 谷崎潤一郎書簡集−鮎子宛書簡二六二通を読む谷崎潤一郎中央公論新社18/10\3024
ぶん文豪の凄い語彙力山口謠司さくら舎18/04\1620
げん現代女性作家の方法松本和也水声社18/03\8080
やま山の上の家 −庄野潤三の本庄野潤三夏葉社18/07\2376
しゅ集中講義宮沢賢治 −ほんとうの幸いを生きる教養・文化シリーズ別冊 NHK山下聖美NHK出版18/07\972
あく芥川龍之介と太宰治 福田恆存講談社18/10\1944
みや宮沢賢治の元素図鑑 −作品を彩る元素と鉱物桜井弘化学同人18/06\1728
やま山崎豊子読本 新潮文庫編集部新潮社18/09\529
どく毒死列島 身悶えしつつ−追悼石牟礼道子石牟礼道子金曜日18/07\1080
にほ日本人の死生観 立川昭二筑摩書房18/09\1296
かん漢文脈の漱石山口直孝翰林書房18/03\3240
えと江藤淳と大江健三郎 −戦後日本の政治と文学小谷野敦筑摩書房18/08\1026
しら白洲正子と歩く琵琶湖 −江南編・カミと仏が融けあう処大沼芳幸海青社18/01\1836
そう漱石の地図帳 −歩く・見る・読む中島国彦大修館書店18/07\2268
あのあの人とあの本の話瀧井朝世小学館18/04\2160
むら村上春樹の100曲栗原裕一郎立東舎18/06\1944
ふじ藤沢周平のこころ 文藝春秋文藝春秋18/10\810
すが須賀敦子の旅路 −ミラノ・ヴェネツィア・ローマ、そして東京大竹昭子文藝春秋18/03\1188
ぶん文学はおいしい。小山鉄郎作品社18/09\1944
みず水の匂いがするようだ −井伏鱒二のほうへ野崎歓集英社18/08\2376
ひょ漂流怪人・きだみのる 嵐山光三郎小学館18/09\659
きょ共犯者 −編集者のたくらみ芝田暁駒草出版18/11\1944
おと音でみる心も色も −紅葉から慎太郎まで、作家が描いた視覚障害者像林正夫本の泉社18/07\2484
むこ向田邦子を読む −完全保存版文春ムックオール讀物責任編集文藝春秋文藝春秋18/01\1080
ぶん文豪とアルケミストごはん帖ポストメディア編集部一迅社18/02\1728
すが須賀敦子の本棚 −没後20年河出書房新社河出書房新社18/03\1404
さっ作家と楽しむ古典 土左日記 堤中納言物語 枕草子 方丈記 徒然草堀江敏幸河出書房新社18/01\1512
むら村上春樹語辞典 −村上春樹にまつわる言葉をイラストと豆知識でやれやれナカムラクニオ誠文堂新光社18/07\1512
にほ日本の文学 −マンガで楽しむ名作鈴木啓子ナツメ社18/11\1404
だざ太宰治の三鷹時代相原悦夫文芸社18/08\864
だざ太宰治 井伏鱒二中央公論新社18/07\972
あい愛の顛末 −恋と死と文学と梯久美子文藝春秋18/11\778
らん乱歩謎解きクロニクル中相作言視舎18/03\2376
じつ実歴阿房列車先生 平山三郎中央公論新社18/09\1080
ぶん文豪と錬金術師ぴあ −ゆかりの地めぐり芥川龍之介や太宰治、宮沢賢治など文ぴあぴあ18/03\1500
ひみひみつの王国 −評伝石井桃子尾崎真理子新潮社18/04\1015
みし三島由紀夫と楯の会事件 保阪正康筑摩書房18/01\972
にほ日本文学における古典と近代 放送大学教材島内裕子放送大学教育振興会18/03\2916
よし吉田満戦艦大和学徒兵の五十六年渡辺浩平白水社18/04\2592
ドラ『ドラゴンマガジン』創刊物語 −狼煙を上げた先駆者たちライトノベル史入門山中智省勉誠出版18/01\1944
ユリユリイカ 32018(第50巻第3号) −詩と批評特集:岡田磨里青土社青土社18/02\1620
やま山崎豊子先生の素顔 野上孝子文藝春秋18/09\799
しの不忍池ものがたり −江戸から東京へ鈴木健一岩波書店18/10\2592
とこ常世の花 石牟礼道子若松英輔亜紀書房18/05\1620
ぶん文豪たちの友情石井千湖立東舎18/04\1620
かた「語り」言説の研究 研究叢書糸井通浩和泉書院18/01\12960
へん編集者漱石長谷川郁夫新潮社18/06\3780
トラトラブゾンの猫 −小田実との最後の旅玄順恵岩波書店18/10\1836
みな皆川博子の辺境薔薇館 −Fragments of HirokoMinag河出書房新社河出書房新社18/05\2376
みや宮澤賢治愛のうた澤口たまみ夕書房18/04\1944
WoWords toLiveby:JapaneseClassicsforO−中野孝次出版文化産業振興財団18/03\2916
ぎん銀河英雄伝説事典 田中芳樹東京創元社18/03\1188
すが須賀敦子の方へ 松山巖新潮社18/03\680
せん占領の記憶記憶の占領 −戦後沖縄・日本とアメリカマイク・モラスキー岩波書店18/07\1793
やま山本周五郎 −背筋を伸ばす反骨の文士河出書房新社河出書房新社18/04\1404
なつ夏目漱石とクラシック音楽瀧井敬子毎日新聞出版18/03\2700
いち一日の言葉、一生の言葉 −旧暦でめぐる美しい日本語白井明大草思社18/05\1620
そう漱石山脈 −現代日本の礎を築いた「師弟愛」長尾剛朝日新聞出版18/08\961
しば司馬遼太郎全小説徹底ガイド 特集:『西郷どん』の登場人物たちを司馬遼太郎松坂健メディアックス18/04\1188
にほ日本人と中国故事 −変奏する知の世界アジア遊学森田貴之勉誠出版18/09\3024
にほ日本SF精神史【完全版】長山靖生河出書房新社18/03\3024
だざ太宰治の絶望語録太宰治WAVE出版18/11\1620
なつ夏目漱石 −百年後に逢いましょう奥泉光河出書房新社18/05\1404
あべ安部公房とわたし 山口果林講談社18/03\1080
そう漱石の家計簿 −お金で読み解く生活と作品山本芳明教育評論社18/04\6200
だざ太宰よ!45人の追悼文集 −さよならの言葉にかえて河出書房新社編集部河出書房新社18/06\896
みっ三つの空白 太宰治の誕生鵜飼哲夫白水社18/05\3240
はむ葉室麟 洛中洛外をゆく。葉室麟ベストセラーズ18/06\1458
はや林芙美子 CenturyBooks人と作品福田清人清水書院18/04\1296
まつ松本清張「隠蔽と暴露」の作家 高橋敏夫集英社18/01\821
ほん本統の賢治と本当の露鈴木守ツーワンライフ18/04\1620
ぶん文壇出世物語新秋出版社文芸部幻戯書房18/05\3024
しば司馬遼太郎で読み解く幕末・維新 小谷野敦ベストセラーズ18/02\864
せん一九四〇年代の〈東北〉表象 −文学・文化運動・地方雑誌高橋秀太郎東北大学出版会18/10\5400
おだ小高へ −父島尾敏雄への旅(増補新版)島尾伸三河出書房新社18/03\2592
げん現代日本の批評 2001−2016東浩紀講談社18/02\1620
げん現代文士廿八人 中村武羅夫講談社18/06\1728
おり折口信夫秘恋の道持田叙子慶応義塾大学出版会18/09\3456
しょ庄野潤三ノート 阪田寛夫講談社18/05\1836
いち一度は読んでおきたい現代の名短篇 湯川豊小学館18/02\929
わた私の漱石 −『漱石全集』月報精選岩波書店編集部岩波書店18/08\3132
それ「それでもなお」の文学川本三郎春秋社18/07\2160
よし吉屋信子研究竹田志保翰林書房18/03\3456
にほ日本探偵小説を知る −一五〇年の愉楽押野武志北海道大学出版会18/03\3024
こく国文学とナショナリズム −沼波瓊音、三井甲之、久松潜一、政治的文学者たち木下宏一三元社18/04\2484
ぼう房総を描いた作家たち 6 曲亭馬琴「南総里見八犬伝」中谷順子暁印書館18/10\1404
おお大江健三郎賞8年の軌跡「文学の言葉」を恢復させる大江健三郎講談社18/05\1944
かせ仮説的偶然文学論 − 触れー合うこと の主題系荒木優太月曜社18/05\2160
ぶん文学における〈隣人〉 −寺山修司への入口 立正大学文学部学術叢書葉名尻竜一角川文化振興財団18/03\3780
おと乙女の文学さんぽ鎌倉・湘南編東京書籍書籍編集部東京書籍18/07\1512
ふえ笛ふき天女 岩田幸子筑摩書房18/04\799
ちち父と私恋愛のようなもの 森茉莉筑摩書房18/05\864
さっ作家のまんぷく帖 大本泉平凡社18/04\907
そう漱石と英文学 2 −『吾輩は猫である』および『文学論』を中心に塚本利明彩流社18/08\4860
しま島崎藤村 ひらかれるテクストーメディア・他者・ジェンダーホルカ,イリナ勉誠出版18/03\4968
しば司馬さん、みつけました。山野博史和泉書院18/05\2160
きょ鏡花と妖怪清水潤青弓社18/03\3240
じだ時代小説がもっとわかる!江戸「仕事人」案内岡村直樹天夢人18/07\1404
もり森鴎外の歴史地図 拓殖大学研究叢書人文科学19村上祐紀翰林書房18/02\3024
ぶん文豪ナンバーワン決定戦福田和也宝島社18/03\1296
さと里見クの語る大正・昭和文壇うらばなし石原亨文芸社18/05\1620
たか高橋和巳の文学と思想 −その 志 と 憂愁 の彼方に太田代志朗コールサック社18/11\2376
なつ夏目漱石、読んじゃえば? 奥泉光河出書房新社18/05\734
くぼ久保田万太郎の履歴書久保田万太郎河出書房新社18/02\2160
あり有島武郎 CenturyBooks人と作品福田清人清水書院18/04\1296
しょ小説は環流する 漱石と鴎外、フィクション山本亮介水声社18/03\9590
にほ日本文学の翻訳と流通 −近代世界のネットワークへアジア遊学河野至恩勉誠出版18/01\3024
なつ夏目漱石を江戸から読む −付・正宗白鳥「夏目漱石論」小谷野敦中央公論新社18/05\1080
ぶん文学のなかの科学 −なぜ飛行機は「僕」の頭の上を通ったのか千葉俊二勉誠出版18/01\3456
しょ植民地・朝鮮における雑誌『国民文学』渡邊澄子彩流社18/08\2592
しょ小説と〈歴史的時間〉−井伏鱒二・中野重治金ヨンロン世織書房18/02\8840
げん原発文学史・論 −絶望的な「核(原発)」状況に抗して黒古一夫社会評論社18/06\2916
すが須賀敦子さんへ贈る花束北原千代思潮社18/08\2592
おお大西巨人 −文学と革命 二松學舍大学学術叢書山口直孝翰林書房18/03\4104
あのあの本の主人公と歩く東京物語散歩100 堀越正光ぺりかん社18/09\1728
わた渡辺淳一のすべて渡辺淳一集英社18/06\1944
たや田山花袋 作品の形成小堀洋平翰林書房18/02\3024
ぶん文藝年鑑 2018日本文藝家協会新潮社18/06\9990
みし三島由紀夫の国体思想と魂魄藤野博勉誠出版18/09\4536
にん「人間の森」を撃つ −森村誠一作品とその時代成田守正田畑書店18/01\3024
つう通俗小説論 −恋愛とデモクラシー広岡守穂有信堂高文社18/10\2376
さっ作家と楽しむ古典 −好色一代男・曾根崎心中・菅原伝授手習鑑・仮名手本忠島田雅彦河出書房新社18/06\1512
つし津島佑子光と水は地を覆えり川村湊インスクリプト18/01\2808
しぶ澁澤龍彦の記憶菅野昭正河出書房新社18/04\2808
そう漱石と朝日新聞 山口謠司朝日新聞出版18/06\875
ザビザビエルの夢を紡ぐ −近代宣教師たちの日本語文学郭南燕平凡社18/03\4270
ぶっ仏教からよむ古典文学 末木文美士KADOKAWA18/02\1836
そう漱石の〈夢とトラウマ〉 母に愛された家な原田広美新曜社18/10\3024
しば司馬遼太郎がゆく 半藤一利小学館18/06\810
はら波瀾万丈の明治小説杉原志啓論創社18/06\2160
いし石原慎太郎を読んでみたー入門版 栗原裕一郎中央公論新社18/01\864
ぐん軍服を脱いだ鴎外 −青年森林太郎のミュンヘン美留町義雄大修館書店18/07\2808
ままままならぬ人生 −短篇の扉を開く木村小夜澪標18/08\1728
にほ日本近現代文学における羊の表象 −漱石から春樹まで江口真規彩流社18/01\3672
わた「私」から考える文学史 −私小説という視座井原あや勉誠出版18/10\7776
がい外地巡礼 −「越境的」日本語文学論西成彦みすず書房18/01\4536
きん近代文学における〈笑い〉の小説の生成 鷲崎秀一晃洋書房18/03\4320
けん賢治学 第5輯 特集:賢治学の現代的展開岩手大学宮澤賢治センター東海大学出版部18/07\2160
てんてんてこまい −文学は日暮れて道遠しマイケル・エメリック五柳書院18/07\6500
えど江戸の学問と文藝世界鈴木健一森話社18/02\7020
かふ家父長制と近代女性文学 −闇を裂く不穏な闘い長谷川啓彩流社18/10\4860
こば小林秀雄と中原中也 秋山駿講談社18/01\1728
きく菊池寛 CenturyBooks人と作品福田清人清水書院18/04\1296
いの井上靖の浜松時代と作品の世界 −浜松を中心に、湯ヶ島・静岡・掛川和久田雅之羽衣出版18/07\1800
にっ日中戦争開戦後の文学場 −報告/芸術/戦場松本和也神奈川大学出版会18/03\4104
しぶ澁澤龍?幻想美術館/澁澤龍?と「旅」の仲間 澁澤龍?論コレクション巖谷國士勉誠出版18/01\4104
ぶん文学研究の窓をあける −物語・説話・軍記・和歌石井正己笠間書院18/08\2484
ここ心を癒す漱石文学 −「父母未生以前」に導かれ熊谷和代日本文学館18/02\2980
ぶん文豪の朗読 朝日新聞社朝日新聞出版18/02\1404
はん反復のレトリック −梨木香歩と石牟礼道子とエコクリティシズム・コレクショ山田悠介水声社18/01\8990
そう漱石と明治水川隆夫文理閣18/01\1728
てら寺山修司という生き方 望郷編昭和の6伊藤裕作人間社18/03\864
ポスポスト〈3・11〉小説論 −遅い暴力に抗する人新世の思想芳賀浩一水声社18/06\7900
みし三島由紀夫 心を燃やして山田重夫青林堂18/04\1512
のろ野呂邦暢、 風土のヴィジョン深谷考青弓社18/02\2592
とく徳田秋聲の時代 松本徹著作集松本徹鼎書房18/06\9240
おり折口信夫 死と再生、そして常世・他界やまかわうみ別冊小川直之アーツアンドク18/04\2376
げん現代作家アーカイヴ 3 −自身の創作活動を語る島田雅彦東京大学出版会18/02\2376
くに国木田独歩 CenturyBooks人と作品福田清人清水書院18/04\1296
しん新・新猿楽記 −古代都市平安京の都市表象史 神奈川大学人文学研究叢書深沢徹現代思潮新社18/03\3888
かわ川端康成をめぐるアダプテーションの展開 −小説・映画・オペラ福田淳子フィルムアート社18/03\4860
いだ偉大なる美しい誤解 −漱石に学ぶ生き方のヒント冨田鋼一郎郁朋社18/07\1620
にい新美南吉と花木たち安城南吉倶楽部風媒社18/03\1620
じゅ純文学を訪問する 伊藤整の認識と方法原護一文芸社18/06\1512
まさ正宗白鳥論吉田竜也翰林書房18/02\4104
うめ梅崎春生研究 −戦争・偽物・戦後社会 近代文学研究叢刊高木伸幸和泉書院18/01\5400
えん遠藤周作論 −「歴史小説」を視座として近代文学研究叢刊長M拓磨和泉書院18/02\5940
はや林京子の文学 −戦争と核の時代を生きる熊芳インパクト出版会18/01\3024
ちん沈黙への道沈黙からの道 −遠藤周作を読む金承哲かんよう出版18/06\1620
みや宮沢賢治の磁場中野新治翰林書房18/03\5832
てら寺山修司と安藤紘平 遺産は進化する清水義和文化書房博文社18/04\2160
ふな舟橋聖一の大東亜文学共栄圏 −「抵抗の文学」を問い直す石川肇晃洋書房18/03\5292
はっ発掘追跡 大阪近代文学の興亡近代文学研究叢刊66高松敏男和泉書院18/02\4860
むし武者小路実篤 CenturyBooks人と作品福田清人清水書院18/04\1296
じゅ重箱の隅から読む名場面 馬上駿兵新典社18/01\864
ふた二葉亭四迷 CenturyBooks人と作品福田清人清水書院18/04\1296
こここころ・文学・心理学 −中央大学文学部BUNCafeより大田美和樹花舎18/03\1080
わた私の中の山岡壮八 −思い出の伯父・壮八 ひとつの山岡壮八論 (改訂増補版山内健生展転社18/04\3240
こだ古代文学言語の研究 研究叢書糸井通浩和泉書院18/01\14040
しん新聞連載小説総覧 平成期(1989〜2017)日外アソシエーツ日外アソシエーツ18/05\19980
げん現代に生きる夏目漱石伊藤美喜雄はるかぜ書房18/02\1361
さっ作家名から引く短編小説作品総覧 −日本のSF・ホラー・ファンタジー日外アソシエーツ日外アソシエーツ18/01\9990
さん山椒魚の忍耐 −井伏鱒二の文学勝又浩水声社18/10\3024
だい題名の喩楽はんざわかんいち明治書院18/09\3780
そう漱石文学全注釈 7 三四郎夏目漱石若草書房18/05\19800
せっ摂関期女房と文学諸井彩子青簡舎18/04\11880
ほっ『発心集』と中世文学 −主体とことば研究叢書山本一和泉書院18/06\9720
じょ上代文学と木簡の研究 小谷博泰著作集小谷博泰和泉書院18/06\11880
そう漱石の恋 −銀杏返し・百合平野五郎創英社18/01\1512
えど江戸好色文学史斎藤昌三慧文社18/03\7560
とく徳冨蘆花 CenturyBooks人と作品福田清人清水書院18/04\1296
さっ作家名から引く短編小説作品総覧 −日本のミステリー日外アソシエーツ日外アソシエーツ18/02\9990
えん遠藤周作による象徴と隠喩と否定の道 −対比文学の方法兼子盾夫キリスト新聞社18/10\2700
にほ日本文学概論ノート 古典編原豊二武蔵野書院18/10\1512
ろん論集樋口一葉 5樋口一葉研究会おうふう18/08\7344
ことことばの呪力 −古代語から古代文学を読む吉田修作おうふう18/08\16200
げん幻想の平安文学永井和子笠間書院18/01\28480
つぼ坪内逍遥 CenturyBooks人と作品福田清人清水書院18/04\1296
なつ夏目漱石の明治 −自由民権運動と「大逆」事件を中心にして小宮洋風詠社18/10\1836
さく作品名から引ける日本文学全集案内 第3期日外アソシエーツ日外アソシエーツ18/07\14580
こく國風暗黒時代の文學 上 序論としての上代文學 OD小島憲之塙書房18/10\16200
こく國風暗黒時代の文學 中(中) 弘仁期の文學を中心に OD小島憲之塙書房18/10\22680
ふじ藤原彰子の文化圏と文学世界桜井宏徳武蔵野書院18/10\10800
ほし星新一作品登場人物索引DBジャパンDBジャパン18/11\5400
ずい随時随感 −勝手気侭なひとりごと坂本満津夫鳥影社18/02\5300
にほ日本近現代文學作品解析張利利翰林書房18/03\8200
ゆめ夢の久作のごとある −「夢野久作と杉山三代研究会」会報「別冊」竹田仰不知火書房18/04\2040
あお青森県ゆかりの文学 3斎藤三千政北方新社18/03\6800
じょ女王の時代稲垣信子豊川堂18/08\1620

Top > 文学目次 > 日本文学 18年 Back Next 

書棚ドットコムは6年分割(このページは本館): 本館(18-13年) A館(12-07年) B館(06-01年) C館(00-95年) D館(94-89年) E館(88年以前)

 
Google
 
Web 書棚ドットコム

このページのどこでもダブルクリックすれば、なにかと便利な「どこでもマド」が表示されます。このページの使用法は→検索解説

メモ(マウスでドラッグした部分が自動的にメモされます。ドラッグごとに連続追加。)