評論:日本 18-13年 038


Back Next 
 検索解説  現在、連動検索はできません。

  amazon 紀伊國屋 楽天 7net honto HonyaC  e-hon    BServ  古本市場  NETOFF
別画面 共通ドラッグ検索 表紙&レビュー Google Yahoo web 公共図書館 大学図書館 NACSIS 国会図書館


左端のラジオボタン「ラ」を選ぶと上記サイトで自動検索!  2018/10/20
評価 読順書名著者出版社発行定価
やう夜雨の声 岡潔KADOKAWA14/09\691
やえ八重山おばぁのぬちぐすい −うつくしく生きるちからと、いのちのくすり藤原理加文響社18/03\1458
やえ八重山日和り −北木山夜話(増補改訂版)宮城信博文藝春秋企画出版部17/04\5080
やか夜間思考 2 境界領域と移行領域杉山弘道風詠社16/10\1512
やき『焼き場に立つ少年』は何処へ −ジョー・オダネル撮影『焼き場に立つ少年』吉岡栄二郎長崎新聞社13/08\1026
やく薬害エイズで逝った兄弟 −12歳・命の輝きシリーズ・福祉と医療の現場から坂上博ミネルヴァ書房17/05\2160
ヤクヤクザの幹部をやめて、うどん店はじめました。 −極道歴30年中本サンのカ廣末登新潮社18/07\1404
ヤクヤクザをやめて20年!ずっと年収1億超を続ける「栃木のアニキ」29の教えひのえ太郎山中企画13/09\1296
やく屋久島発、晴耕雨読長井三郎野草社14/07\1944
やく薬石としての本たち南木佳士文藝春秋15/09\1620
やく約束水谷修日本評論社15/06\1512
やく約束された道 −いのちの仕事に出会うとき、歓びの人生がはじまるみらいへの岡部明美学芸みらい社17/06\1836
やく約束の向こうに佃祐世講談社14/06\1404
やく役たたず、 石田千光文社13/03\7176
やく躍動高齢者を生きる −私という「個」になりきる鈴木寂静鶴書院18/03\778
やく役に立たない人生相談 2 好きなようにやればいい。佐藤愛子ポプラ社18/05\1080
やさ優しい風 −願いを込めてきっき文芸社18/04\4040
やさやさしさという強さ朴慶南毎日新聞社13/05\1620
やさやさしさにつつまれる小さな物語 −毎晩一話だけ読んで眠りたい・・・「小さな親切」運動本部河出書房新社18/07\1404
やさやさしさをまとった殲滅の時代 堀井憲一郎講談社13/10\7067
やし矢城道子エッセイ集 春に生まれたような詩人のエッセイ12矢城道子コールサック社15/03\1620
やし野心と美貌 −中年心得帳林真理子講談社14/05\540
やし野心のすすめ 林真理子講談社13/04\750
やじ野人力 −オヤジが娘に伝える「生きる原理」小学館新書鈴木光司小学館15/08\842
やす靖国で会う、ということ曾野綾子河出書房新社17/07\821
やせ野生のおくりもの早川ユミKTC中央出版17/08\1728
やそ八十路の四季堀本政子文芸社13/09\1188
やそ八十路の旅を行く南風静子文芸社15/11\1080
やそ八十路の通信簿 −戦中戦後の混乱期から高度成長期へそして混迷の時代を水上一夫静岡新聞社17/02\1080
やっやっかいな男 Bros.books岩井秀人東京ニュース通信社18/09\1836
やっやっちゃんと3人のお母さん −ある中国残留日本人孤児のお話荒木昭夫ウインかもがわ18/06\4320
やっやっちゃん物語臼井保夫文芸社18/01\1080
やっやっぱりアトリエ日記野見山暁治生活の友社14/02\2484
やっやっぱり、嵯峨野に行こう瀬戸内寂聴扶桑社13/10\1512
やっやっぱり食べに行こう。原田マハ毎日新聞出版18/05\1512
やっやっぱり友だちはいらない。 押井守東京ニュース通信社17/12\1404
やばやばい老人になろう −やんちゃでちょうどいいさだまさしPHP研究所17/09\1188
やば耶馬溪紀行田山花袋図書出版のぶ工房18/03\1620
やば野蛮な読書 平松洋子集英社14/10\648
やぶ破れかぶれの幸福佐藤愛子青志社17/07\1080
やぶ毀れぬ華 裸自叙伝古賀博之幻冬舎メディアコンサルティング18/04\1080
ヤポヤポンスキーマダム・ダワイ −国敗れた後、日本女性が蒙った北朝鮮での痛哭武田直子ブイツーソリューション16/02\1296
やま病があるから素敵な人生けん三幻冬舎15/07\1188
やま病は道連れ木村栄フェミックス14/11\1296
やま山男と仙人猫保田明恵13/05\1234
やま山形を想う羽鳥圭亮いちい書房14/01\7891
ヤマヤマガラ日記 新装版三善晃河合楽器製作所15/03\2700
やま山からの絵本 辻まこと山と渓谷社13/10\1080
やま山口瞳ベスト・エッセイ 山口瞳筑摩書房18/03\1026
やま山小屋だより −−軽井沢とその周辺保谷六郎創英社16/12\1296
やま山里に描き暮らす 大人の本棚渡辺隆次みすず書房13/08\3024
やま山・自然探究 −紀行・エッセイ・評論集前川整洋図書新聞17/05\2160
やま山棲みまんだら 山本素石山と渓谷社18/09\950
やま山寺清朝 −外山滋比古エッセイ集外山滋比古展望社17/04\1620
やま山と海と子どもたちと −自分らしく生きる奥田代志子文芸社16/05\1296
やま山と雲そして清流村木享子青弓社15/10\2160
ヤマヤマトごころ、復活! ― 人類の幸せの原点福田純子新日本文芸協会13/01\1512
やま大和 −わがふるさとの・・・中山正善天理教道友社17/11\1512
やまやまない雨はない −妻の死、うつ病、それから…大活字本シリーズ倉嶋厚埼玉福祉会16/12\3240
やま山に雪ふる矢島昭子紅書房15/03\2300
やま山猫珈琲 下巻湊かなえ双葉社17/01\1404
やま山猫珈琲 上巻湊かなえ双葉社16/12\1296
やま山の家クヌルプエクリエクリ17/08\5850
やま山の珈琲屋飯舘椏久里の記録市澤秀耕言叢社13/03\1728
やま山のパンセ 串田孫一山と渓谷社13/10\1188
やま山の名作読み歩き 大森久雄山と渓谷社14/11\950
やま山の眼玉 畦地梅太郎山と渓谷社13/10\1026
やま山は学校ぼくの細道 −藤原優太郎随想集藤原優太郎無明舎出版13/11\1728
やま山藤章二・老いては自分に従え山藤章二岩波書店15/06\1944
やま山本周五郎愛妻日記山本周五郎角川春樹事務所13/03\1728
やま山本周五郎戦中日記 山本周五郎角川春樹事務所14/05\821
やみ病み上がりの夜空に矢幡洋講談社14/07\1620
やみ闇にあっても光を関茂子風詠社14/12\1080
やみ闇にこそ光輝くあきのはじめ文芸社17/04\1188
やみ闇の夜空に煌めく華のように宇大星華文芸社13/09\648
やみ闇への憧れ 新編 実相寺昭雄叢書実相寺昭雄復刊ドットコム17/10\3996
やややや黄色い熱をおびた旅人原田宗典岩波書店18/07\1620
やややややのはなし 吉行淳之介小学館17/06\594
やらやらない理由カレー沢薫マガジンハウス17/11\1188
やり「やりがいのある仕事」という幻想 森博嗣朝日新聞出版13/05\821
やりやりたいことは二度寝だけ 津村記久子講談社17/07\670
やりやりにくい女房 田辺聖子文藝春秋13/04\637
やれやればできるもんやなぁ −京大医学部に入ろう山本紳一ミヤオビパブリッシング17/11\3156
やろ野老であるが志は千里油井喜夫本の泉社17/03\1620
やわやわらかなレタス 江國香織文藝春秋13/08\224
やわ「柔」の心で山形野雑草文芸社17/09\756
やんやんちゃな時代 林真理子文藝春秋13/07\518
ユアユアウェルカム森田晴美日本文学館13/04\756
ゆい遺言。 養老孟司新潮社17/11\778
ゆい遺言 −私を殺したくてたまらない世間様へ原類之文芸社13/12\2014
ゆい遺言 −対談と往復書簡志村ふくみ筑摩書房18/09\1026
ゆい遺言 −対談と往復書簡志村ふくみ筑摩書房14/10\2376
ゆうゆううつ部!東藤泰宏ポプラ社13/06\1296
ゆう勇気ありがとう坊野ひとみ文芸社15/06\1404
ゆう勇気は、一瞬後悔は、一生0号室ベストセラーズ16/11\1080
ゆう夕暮れの時間に山田太一河出書房新社15/08\1728
ゆう夕暮れの時間に 山田太一河出書房新社18/04\842
ゆう夕暮れの分娩室でー岡山・東京・フランス 吉田博子エッセイ集吉田博子コールサック社14/06\1620
ゆう幽篁記 −collected essays上野霄里明窓出版15/08\11880
ゆう友好商社を知っていますか?片本善清中国書店17/04\1620
ゆう遊生放語 TianLiangシリーズ14萩野脩二三恵社15/02\1998
ゆう游艸小林東五産經新聞出版14/10\11796
ゆうゆうぞらビール 森沢明夫双葉社14/07\3400
ゆう有美臭 −山梨大学近代文学文庫所蔵リプリント日本近代文学青柳有美人間文化研究機構国文学研究資料館16/01\3024
ゆう夕陽妄語 1(1984−1991)加藤周一筑摩書房16/02\1296
ゆう夕陽妄語 2(1992−2000)加藤周一筑摩書房16/03\1404
ゆう夕陽妄語 3(2001−2008)加藤周一筑摩書房16/04\1296
ゆう遊歩場にて −随想集新城貞夫書肆侃侃房18/09\2160
ユーユーミンとフランスの秘密の関係 madame松任谷由実CCCメディアハウス17/02\2700
ゆう有名税・無名税野崎じぞう一弘日本文学館15/02\14476
ゆう勇猛「烈」兵団ビルマ激闘記 「丸」編集部潮書房光人社17/03\972
ゆう夕焼けエッセー2017 −おかげさまで15年産業経済新聞社産經新聞出版16/10\1404
ゆうゆうやと一緒に歩く道 −「脳死」から4年,我が子とともに過した日々伊藤華木星舎14/07\1728
ゆう悠憂の日々 −物理学研究者の、社会と生活に対するエッセイ曽我文宣丸善プラネット13/06\2160
ゆかゆかりの文学者との別れ −八十歳の日記外村文象竹林館15/09\1620
ゆか湯川秀樹歌文集 湯川秀樹講談社16/10\1728
ゆか湯川秀樹 −詩と科学湯川秀樹平凡社17/02\1512
ゆき雪国89歳の郵便配達おばあちゃん ― いっしょに笑っていっしょに泣いて清水咲栄廣済堂出版13/02\95965
ゆき雪の宿 −随筆集中尾賢吉文藝春秋企画出版部13/08\1620
ユキユキは十七歳特攻で死んだ −子犬よさらば、愛しきいのち毛利恒之ポプラ社15/07\670
ゆき雪よりも白く泉琉江文芸社14/10\1404
ゆき雪を耕すーフクシマを生きる五十嵐進影書房14/12\8161
ゆず柚子は九年で 葉室麟文藝春秋14/03\626
ゆすゆすらの木 −舩橋節子想い出集舩橋節子東銀座出版社14/12\2000
ゆず譲り葉雪司文芸社13/01\1080
ゆっゆっくり行こう 有馬朗人ふらんす堂15/06\1620
ゆっゆったり抄八木勝美文芸社15/10\1728
ゆづゆづりは −感謝をこめて所京子歴研16/06\4340
ゆの湯の山夢谷庵 −行ったり来たり谷尚典風媒社14/11\1080
ゆびゆびさきの宇宙 −福島智・盲ろうを生きて生井久美子岩波書店15/02\840
ゆめ夢ではないよね 2 大自然に抱かれて里山龍二文芸社15/05\1296
ゆめ夢半ば 1 女の約束は小野友貴枝文芸社17/01\1296
ゆめ夢半ば 2 女の一念は小野友貴枝文芸社17/01\1296
ゆめ夢半ば 3 女の仕事は小野友貴枝文芸社17/01\1296
ゆめ夢半ば 4 女のストーリーは小野友貴枝文芸社17/01\1296
ゆめ夢の跡 −作文コンクール2011〜2016高田愛弓中央公論事業出版18/01\1080
ゆめゆめのうしろ −レビー小体型認知症の患者藤木明子編集工房ノア16/08\6815
ゆめ夢の歌から津島佑子インスクリプト16/04\2916
ゆめ夢の叶え方を知っていますか? 森博嗣朝日新聞出版17/01\821
ゆめ夢の家来になぁーれ −幸せの位置斉藤由美子日本文学館13/04\972
ゆめ夢のしずく青いトマト日本文学館13/02\648
ゆめ夢の続きと私の時代 −確かなるものに向かって天岡希見文芸社13/10\3955
ゆめ夢の扉を開けその先にある風景が見たくて高原春男東洋出版16/11\1296
ゆめ夢のなかの魚屋の地図 井上荒野集英社17/03\605
ゆめ夢のなかの魚屋の地図井上荒野幻戯書房14/01\2160
ゆめ夢のまくら岡本光夫サンライズ出版13/08\1836
ゆめ夢は未だあきらめず天野一嘉文芸社13/11\1080
ゆめ夢はかなうねん −とことん奮闘記巴月喜美子文芸社13/11\1031
ゆめ夢みる昭和語 −少女たちの思い出2000語女性建築技術者の会三省堂17/10\2052
ゆめ夢みるちから −仲間がいるからがんばれる神谷考柄新評論13/09\1944
ゆめゆめみるハワイ よしもとばなな幻冬舎15/08\540
ゆめ夢をあきらめない田島隆宏佼成出版社14/03\1728
ゆめ夢を追いかけてかっちゃん文芸社17/02\540
ゆめ夢をかなえる挑壁思考 −絶望をチャンスに変える心のスイッチ毛利公一こごろう出版15/07\1296
ゆりゆりえの日記河野百合恵光陽出版社13/03\1028
ゆるゆるい生活群ようこ朝日新聞出版15/01\1512
ゆるゆるい生活 群ようこ朝日新聞出版18/05\648
ゆるゆるやかな生き方五木寛之実業之日本社14/07\1295
ゆるゆるやかな生き方 五木寛之実業之日本社16/08\650
ゆれ揺れ動くまな板の上の鯉 −突然襲ったがん闘病記望田武司東京図書出版16/12\1296
ユンユンタのゆっくり成長記 ― ダウン症児を育てています。たちばなかおる双葉社13/01\10996
よあ世明け兼俊美穂子文芸社18/03\540
よあ夜明けのラジオ石田千講談社14/01\1620
よあ夜明け前が一番暗いきしだみどり文芸社14/03\972
よい酔いざめ日記 木山捷平講談社16/01\2700
ようようこそ感動指定席へ! −言えなかった「ありがとう」志賀内泰弘ごま書房新社13/05\4562
よう洋七・おかんのがばい介護日記島田洋七朝日新聞出版15/02\1296
ようよう知らんけど日記 −東京で暮らす小説家が、大阪弁でぼちぼち綴ります。日柴崎友香京阪神エルマガジン社13/09\1836
よう酔うために地球はぐるぐるまわってる椎名誠講談社14/05\1512
よう羊頭狗肉 −飲んだくれ時評65選坪内祐三扶桑社14/08\1836
よう幼年の色、人生の色長田弘みすず書房16/11\2592
よう幼年水の町小池昌代白水社17/12\2376
よう陽葉北川光治新潮社図書編集室15/02\1728
よう養老孟司の幸福論 −まち、ときどき森養老孟司中央公論新社15/07\648
よう養老孟司の人生論養老孟司PHPエディターズ・グループ16/09\1296
よえ酔えば逢いたい人ばかり −薩摩焼酎讃歌岡田哲也南日本新聞開発センター14/08\972
ヨーヨーコさんの“言葉”佐野洋子講談社15/08\1404
ヨーヨーコさんの“言葉”じゃ、どうする佐野洋子講談社18/08\1404
ヨーヨーコさんの“言葉” それが何ぼのことだ佐野洋子講談社16/04\1404
ヨーヨーコさんの“言葉”ふっふっふ佐野洋子講談社18/01\1404
ヨーヨーコさんの“言葉” わけがわからん佐野洋子講談社17/01\1404
ヨーヨーロッパの乳房 澁澤龍彦河出書房新社17/07\821
よか予科練の戦争 −戦争を生き抜いた元少年航空兵たちの証言久山忍潮書房光人社16/05\2376
よきよきことはカタツムリのように辻信一春秋社16/09\1944
よく欲と収納 群ようこKADOKAWA14/01\475
よこ横浜の戦中・戦後を生き抜いて −90歳からのメッセージ岩井昭東銀座出版社16/12\5680

Top > 評論:日本目次 > 評論:日本 18-13年 038 Back Next 

書棚ドットコムは6年分割(このページは本館): 本館(18-13年) A館(12-07年) B館(06-01年) C館(00-95年) D館(94-89年) E館(88年以前)

 
Google
 
Web 書棚ドットコム

このページのどこでもダブルクリックすれば、なにかと便利な「どこでもマド」が表示されます。このページの使用法は→検索解説

メモ(マウスでドラッグした部分が自動的にメモされます。ドラッグごとに連続追加。)